プレ老後生活 夫婦二人暮らしとなりました

これから退職するかたや若い世代の老後に向けての参考になれば嬉しいです

退職した夫の本音は!?そして家族のキモチ・・・

6年前の気持ちを思い出しながらつらつらと書いています。

 

夫は53歳で退職したのですが、どうして急に退職するに至ったか・・・

最近は アーリーリタイア という言葉もちらほらと耳にするようになってきました。

アーリーリタイア という言葉から私が連想するものは・・・

 

不労所得があるからサラリーマン生活からはサヨウナラ(王道です)

これからは趣味に生きるぜ(家族の気持ちはとりあえず置いといて)

ヨットにゴルフ、海外旅行、南の島に移住(私が愛人になりましょか?)

これからはボランティアに生きるんだ!世の中に恩返しをするのだ!(後光がっ)

 

みたいなまぁお金持ちのイメージでしょうか。想像力がこんなもんでスマン。

 

でもこんな恵まれた人は一部で、

会社が嫌でやーめたっていう人のほうが多いと思います。

そして上記のバラ色の人以外は さっさと次の仕事を見つけねばなりません。

 

仕事を辞めることに至った夫の思考回路について分析したいと思います。

あくまでも想像ですが。

しばしお付き合いください。

 

まず会社の中で急な部署異動があった。

夫は今までずっと同じ分野で仕事をしていたため

他分野(といっても経理から営業へ・・・みたいな部署異動ではない)への

異動に対して不安(不満)があった。具体的に言えば

営業ノルマが今よりきつくなるような部署であったということです。

そして覚えなければいけないことたくさん!!

夫曰く、もっと若ければ頑張れたかな・・・とのことでした。

二つ目の理由は

子どもたちのことです。

我が家には二人の子どもがいますが、長女はすでに結婚しております。

ありていに言えば、片付いたってことですね。

なのでこちらはお金の心配なし。まぁ将来、出戻りで孫連れて帰ってくる

ということさえなければ(^^;)

息子は国立大学の学生。このころ、やっと2年生に進級するころ。

夫曰く、息子が私立大学の理系に進学していたら 会社辞めてなかったかも・・・

などどほざいてましたけどね(怒)

息子があまり費用がかからない大学に進学できたので

まぁなんとかなるだろ~と考えたらしいですわ。息子のせい?

最後の理由として 自宅のローンを5年前に完済した。

ついでに車も買い替えたばかり。

 

そろそろ肩の荷を下ろしたい・・・

 

ここまで頑張って 妻子を養ってきたんだしそろそろいいんじゃね?

 

そしてこれからは 

 

気ままな仕事をするんら!

 

みたいな?

 

夫が仕事を辞めること、子どもたちに伝えた反応は

長女 「ふ~~ん」(私、もう他家の人間だからあんま関係なくね?)

長男 「まじか!?」(学費どーなんねん?奨学金かよ?)

てな反応でした。長女、けっこう他人事。まぁあまり心配されるよりはいいか。

 

仕事を定年まで全うするに違いないと思っていた私たち(親戚や友人も)にとって

今回のことは青天の霹靂なのでございました。あの会社に骨をうずめるとばかり・・・。

それぐらいふつーに真面目な夫でした・・・

 

甘かった・・・ショボーン。

 

 

救いは 夫にはまだ働く意欲があったということです。

 

気ままな仕事に限る!キリッ!

 

ですけどね。そんなんあるんかいっ!?

 

次は息子の奨学金について書きたいと思います。