プレ老後生活 夫婦二人暮らしとなりました

これから退職するかたや若い世代の老後に向けての参考になれば嬉しいです

我が家のライフプラン表はこんな感じです

前回に家計管理表年間収支表を見ていただきましたが、今日は我が家のライフプラン表というのを公開したいと思います。このような表はFPさんに頼めば作ってくれますし、また生命保険会社でも作ってもらえると思います。しかーし、FPさんに頼めばかかるもんはかかるし、生命保険会社だってあとで保険に入ってもらいたいという下ゴコロがあって作ってくれるんだと思います。それにプライベートな資産を他人様に公開するのに躊躇しませんか?うちなら公開処刑モンですよ。そりゃあたくさんの資産があるかたなら大いばりで公開できるでしょう。私だって金融資産3億ぐらいあれば「あら、ご覧になります?」なんて言うかもしれませんw

なのでひっそりこっそり自分でチマチマと作ってみました。

項目が多いですが、思い出せるだけ思い出して入力してみました。

f:id:iristyle:20180610154557j:plain

夫の年齢が65歳までしかありませんが、実際は85歳まで作ってあります。(これ以上生きたら知らん)ほぼ確定していてお見せするのに支障がないものをあらかじめ入力してみました。夫のこづかい少しが光っていますね(笑)

月間での収支×12ヶ月と年間単位での支出を把握し、その他に予備費として20万円をみています。これは旅行やちょっと高額な家電購入に。そしてイベント予算ですが、この歳になってくると子ども関係のイベント費用がなくなってきます。そして再来年、車を買い替えようかなぁとは思ってますが、乗ろうと思えばまだ乗れるんですよね。買ってもよし、買わなくてもよしって感じです。あと記入していませんがリフォームですね。これはぜひしたいのですが(トイレと間取りの変更)まぁこれも今現在は支障はなく・・・夫は「なんでするん?」って言うし。「トイレ、まだ流れるし」って言うし。いやいやいやいや、流れなくなってからでは遅いってば。

孫が中学入学、まぁ10万円ぐらいあげといたらいいかな。ふだん、孫にかけるお金はお誕生日とクリスマス、それから毎月の雑誌「小学1年生」を買ってあげてるぐらいです。シブチンのジジババですわ。

老後のライフプラン表なら作成は簡単

この表、夫が85歳まで作ったのでけっこう壮大な表になりましたが、自分で作っているので把握しやすいんです。そして目先の収支だけでなく俯瞰して見ることができます。車を買ったりするとその年は資産が減ってしまうけど、この長い表をみると大したことではないというのがわかって安心できます。

作ってないかたは自分流でいいと思うので作ってみてはいかがでしょう?べつに手書きでいいと思います。いろいろと見えてくることがあると思います。若いうちならお金の出入りが激しすぎて(教育費や住宅ローン、昇進もあったり転勤があったり)こういう表を作っても上書きばかりしてなかなか計画通りいかずイライラするかもしれませんが、老後の安定した収入と支出なら簡単に記入できますよ。

あやめ家では夫が65歳ぐらいからはすこしゆとりのある生活ができるようです。ってそんなに贅沢はしないと思いますが。昔に種まきしておいた個人年金などがポロポロと満期を迎える時期になるんですね。日々淡々と、でも楽しく明るく過ごしたいと願う私です。

夫の寿命、95歳まで延長して書いてあげようかしら・・・。

FMから レッドツェッペリンの天国への階段 が流れてきました♪

なんちゅー、タイミング(笑)しかしいい曲だわ♡


にほんブログ村