プレ老後生活 夫婦二人暮らしとなりました

これから退職するかたや若い世代の老後に向けての参考になれば嬉しいです

我が家の家計管理表 家計簿より大ざっぱだけど大丈夫

みなさん、家計簿ってつけておりますでしょうか?うちは家計簿歴長いですよ。へへっ。(決してドヤ顔ではありません)今までいろんな家計簿を年末に買ってきました。しかーし、要らない項目があったり、こ、細かすぎて無理っしょ?みたいな帯に短したすきに長しみたいな家計簿が多くてなかなか我が家に合った(私のずぼらさに合った?)家計簿が見つからず・・・なんとかストレスがたまらず家計を管理する方法がないかしら・・・と無い知恵を振り絞って考え、ここ5年ほどは(夫が早期退職してからぐらい)この方法でつけています。

これは主に銀行引き落としの分の管理と決まって出ていくお金の分です。

まずはお給料から今月はぜったいこれだけ引き落としがあるっていうものを記入。そして残ったお金で貯金と食費や雑費、レジャー費などを好きなように使っています。若い世帯ならこのシートに貯金の項目があってもいいと思います。我が家は夫が今年60歳になるので、若い世帯のように貯金をがんがん殖やすというようりは年金受給まで今の資産をできるだけ減らさないというスタンスですね。

エクセルシートで作成します。自分流にカスタマイズしやすいですよ。

一例です。同じスタイルで我が家とは項目を変更して作ってみました。

f:id:iristyle:20180604131456j:plain
f:id:iristyle:20180604131618j:plain

左がひと月分です。A4サイズのコピー用紙に4ヶ月分できます。来月の予算も見やすい。そして1年でA4コピー用紙3枚しか使わないという・・・w

f:id:iristyle:20180604131921j:plain

金額が確定したもの(確定しているものは最初から印字しておくと便利)を書き込んでいきます。「夫こづかい 少々」は確定なので印字です(笑)「妻こづかい いっぱい」項目を足してもかまいません。

そして引き落としが済んだら線で消していきます。

f:id:iristyle:20180604132313j:plain

こんな感じですね。臨時出費はその都度手書きで書き込みます。

f:id:iristyle:20180604132437j:plain

銀行に残った分が次のお給料日までに自由に使えるお金です。

 

f:id:iristyle:20180604132724j:plain

あとはクリアファイルに入れていつでもチェックできるようにします。カードで買ったレシートやこれから払わねばならない税金の請求書なども入れておきます。

では自由に使えるお金はどうやって管理しているのかというと

スマホのアプリのマネーフォワードを。

moneyforward.com

で管理しています。使っていらっしゃる方も多いかもしれませんね。管理というより私はただ入力しているだけなのですが、数か月続けていくと、だいたいの毎月の食費や雑費がどれくらい使うかわかってくるので安心できます。今月、どれぐらいいるかな・・・ドキドキっていうことがなくなりました。そして自動で計算してくれるから楽ちんです。

マネーフォワードですべての項目を管理もできますが、私は自分で書いて確かめたいという気持ちがあるので、使い分けています。アナログ人間です(汗)

今日はひと月の家計管理を書きましたが 年単位のものも作っています。あと2回ほどこの家計簿シリーズ?続きます。お付き合い下さいませ。

 

 


にほんブログ村