プレ老後生活 夫婦二人暮らしとなりました

これから退職するかたや若い世代の老後に向けての参考になれば嬉しいです

またまた京都へ 優美な世界を垣間見る 将軍塚から京都を見下ろす

友人とぷらっとまたまた京都へ。この前、夫と泊まりで行ったばかりですが、今回は前から行ってみたかった将軍塚へ友人と行くことになりました。よくテレビでも紹介されていますが、山頂?にあるので観光客はまだらでした。三条からバスで片道230円。山登りハイキングでも行けますよと言われたけど3~40分の山道を登らなくてはいけないらしく即断念。将軍塚青龍殿、拝観料500円。

f:id:iristyle:20181009010641j:plain
f:id:iristyle:20181009010704j:plain

かなり山の上です。この丸いのが将軍塚。雲が近く感じられます。

なんといっても景色が素晴らしいの!こちらの舞台から眺めることができるのですが

f:id:iristyle:20181009010825j:plain

f:id:iristyle:20181009010717j:plain
f:id:iristyle:20181009010729j:plain
f:id:iristyle:20181009010741j:plain

京都市内をパノラマで観ることができます。清水の舞台よりこっちのほうが眺めは素晴らしい。真ん中の緑が京都御所です。平安京があったころはどんな景色だったのかなぁ。

1時間もあればお堂とお庭とこちらの景色を堪能できます。バスは1時間に1本ぐらいしかないのでその時間に合わせて帰らないと。平日は運行してなかったような。観光客も来づらいね。でも空いてて嬉しい。スイマセン。

そして帰りに青蓮院門跡に立ち寄りました。こちらはすごい人だと思ったら・・・

f:id:iristyle:20181009012143j:plain

f:id:iristyle:20181009012155j:plain

生け花展やってた。あんまり生け花の流派とかトンチンカンな私としてはアララ・・・な感じ。でもせっかくなので生け花もついでに見ることにする(←どんだけ上から)

でもやはり絵や調度品に目がいってしまいます。

f:id:iristyle:20181009012637j:plain
f:id:iristyle:20181009012647j:plain

すばらしいクジャクの絵。御簾の中に十二単の女性がいそうな雰囲気。

f:id:iristyle:20181009012628j:plain
f:id:iristyle:20181009012731j:plain
f:id:iristyle:20181009012704j:plain
f:id:iristyle:20181009012655j:plain

偉い人の作品と右はたぶん子どもさんたちの作品かな。私もこれぐらいならできるかも(^^;)

で、この展覧会に出しているご本人や関係者の皆さんでごったがえしていたのですが、みなさん、ほんとお綺麗でお綺麗で。お顔もお着物も。みなさん、古典柄のすてきなお着物をお召しでした。古典だけど古くない、昔の着物じゃない。『美しいきもの』に掲載されるぐらい綺麗なかたが多かったです。まさしくザ・京都って感じ。先日、嵐山でみたなんちゃってキモノを見てアラララ・・・って感じだったので今回は目の保養をさせていただきました。そしてついてきてる子どもたちまで品のよいお嬢ちゃん、おぼっちゃんって感じだったわ。京都のエエとこの子やね。ふと興味がでて未生流笹岡ってググってみたら・・・

www.kadou.net

イケメンやん♡ 経歴も申し分なく。

そして本家の未生流の家元さんも

misho-ryu.com

負けずにイケメン♡

華道は女性のお弟子さんが多いしね。そりゃイケメンであるに越したことないわな。京都&家元とくれば金曜サスペンスの音楽が頭に流れてしまう庶民の私です。

そーか、華道をたしなむということは、華道の授業料だけでなく着物にも惜しみなくお金を出せるお家でないとね。ついでに茶道もセットでついてきそうだし。こういう人たちって代々こういう生活してそう。いろいろ堅苦しいこともあるでしょうが。

きものにはまったら底なし沼のようにお金が飛ぶと林真理子先生は書いてましたね。

帰り、すこしだけタクシーに乗って運転手さんと話したけど、ここらあたりのマンションはめっきり高くなって庶民では手がでませんわ、とのこと。京都バブルって言われてますねんって言ってた。空き地があったらすぐにホテルになりますねん、言い値で土地が売れるようですよ。はぁ~確かに外国人観光客は多いし、ホテル建てたらそりゃ儲かるわね。外国人だけでなく、日本人の私でも何度来てもまだまだ行きたいとこあるしね。一緒に行った友人は歴史好きなので、老後は京都市内のマンションに住んで毎日散策したいって言ってたけど、高すぎて買えへんなぁとガックリしてたわ。

よそものには厳しいって聞くし、観光客に徹して優しく接してもらうほうがラクかもよ~って言っといた。

 

通いでがんばろう。

 

 次、エエとこの子に生まれ変わったら着るんだい!!