プレ老後生活 夫婦二人暮らしとなりました

これから退職するかたや若い世代の老後に向けての参考になれば嬉しいです

健康であることが一番の節約になっていると思う

毎月家計簿をUPさせていただいていますが、医療費の項目が今のところありません。ありがたいことに私があまり病気にならない頑丈?な身体でして・・・。ナントカは風邪をひかないってさ。

パートを始めて5年目に突入していますが、休んだのは2年目の冬に2日だけ。インフルエンザに罹ったときだけです。ちょっと熱っぽいなという日もあるんですが、出社すると、なぜかシャキッとして治ってしまいます。すっかり社畜の私です。パートの仕事を始める前はちょこちょこ風邪を引いたりしていたのですが。なんでしょう、責任感がでたのか?朝に会社に『体調悪いので休みます』と電話するのがイヤでイヤで。なので休むまいと自分に課しているのかもしれません。

でも歯医者さんには行っています。定期健診のみなんですが、こちらはなぜか無料でして。昔にここの歯医者さんで歯科矯正をしているのですが、その時にまとまった金額を払ったので、その経過措置?的サービスでしょうか? ここ最近は、治療はしていないので医療費は発生してません。

さて夫の医療費ですが、夫のおこづかいから支払っています。まぁ夫も時々整体に行くぐらいです。持病の薬とかもないので安上がりな夫婦です。

職場の友人に言うと、『健康がいちばんお金貯まるよね』ととても羨ましがられてしまいました。みんな結構、この歳になると何かしら病院に通っている人が多く。病院代のために働いているようなものよ!というツワモノもいらっしゃって。本末転倒のような。医療費にお金かかるのがほんと無駄に感じる~と言ってました。

確かに丈夫な身体、、、こればかりは生んでくれた両親に感謝しないとだめですねぇ。私の母も74歳になりますが、今のところ病気知らず。いつも私より元気にしています。そして憎まれ口は相変わらず・・・(-_-;)

感謝の意味もこめて 甘味処へ・・・御馳走しました。

f:id:iristyle:20180828000122j:plain 抹茶好き母娘。

すこし私が咳をしていたら『前も咳をしてたけど大丈夫かいな?いちど病院行ってきたら?』と気にかけてくれてました。昔と比べてずいぶん丸くなった母です。私も丸くなりました。時間はいろんなことを解決してくれるようです。

母にもまだまだ元気でいてもらわねばなりません。同居となれば、お互いしんどい思いをするのは必至です。できればあと10年はこのままお互い近居の良いとこ取りでお願い~(-人-) と目論む娘でございます。

 


にほんブログ村