プレ老後生活 夫婦二人暮らしとなりました

これから退職するかたや若い世代の老後に向けての参考になれば嬉しいです

友人からいろいろいい影響を受けるの巻

3年ぶりに中学時代のときの親友とランチ&お茶することに。ラインで大まかな近況はお互い知っているけれど、久しぶりに掘り下げて喋ろう!ということで。なんせ多忙な彼女なので自由になる時間は11時から15時まで。友達とこうしてランチするのは2年ぶりぐらいかもと・・・。

なぜにこんなに忙しいのかというと、ご主人は自営業であり、おまけに舅姑と完全同居(舅、朝からゴルフ行くぐらい元気だそうな)朝食、昼食、夕食も毎日一緒だそうな。もちろん彼女が全食作る。今日は前々から予定があると言って、あらかじめ焼きそば作ってきたの!と言っていた。親戚縁者も同じ市内に住んでおり、しょっちゅう来客もあるし荷物は届くし、犬は3匹も飼っているし(ドーベルマン、ブルドック、シェパード。なんでチワワとかとちゃうのん??ご主人の趣味だそうです)自営業の経理も任されているとのこと。プライベート時間ほぼなし。

スーパー主婦や!!

お見合い結婚だったけど、新婚のころは辛くて辛くて涙がハラハラと止まらなかったそうな。子どももなかなかできなかったので針のムシロだったと思う。なので私の生活を超羨ましがられてしまった・・・『あやめちゃん、もうご主人と二人気ままな生活でしょ。私はいつになったらそんな日がくるんやろ・・・』と言ってたけど、たぶんうちの生活では物足りないと思うよ。忙しさもだけど、

特に経済面がw

新型のボルボ(←こんな色)でうちのボロマンションまで迎えに来てくれたもんね。

おまけに彼女の子ども2人、娘は国立医学部、息子は旧帝大。教育熱心&ふんだんに教育費にお金をかけられる経済状態。二人とも海外留学も経験済み。

きままなプチ貧乏生活とプライベート無しのセレブ生活・・・

さぁどっち!?

私には彼女の家の嫁は務まらんわ。ぐうたら過ぎて半日で離縁されると思う。そして彼女、昔からだけど人間できているのよね。ぜったい人を嫌な気持ちにさせないし、さりげない気配りがあって。自慢も全くしないしいつも一歩ひいて、みんながそこそこ円満にいくように気を遣って。

彼女の母が去年亡くなったけど、なかなか病院に行けなかったことが悔いが残ると言ってました。同居のお姑さんに気を遣って(また行くの?とか言われたらしい)ほんとは毎日でも病院に行きたかったけど・・・と。お母さんは病床で『お嫁に出したんやからしかたないね』と薄っすら微笑んでいたそうです。その話を聞いてウルウルきてしまいました・・・。

スマホでお互いの子どもの写真とか見せ合いっこしてたけど、その写真の合間合間に お料理のレシピのスクリーンショットがたくさんあって、あぁもう結婚して25年で同居で大変なのにまだ新しいお料理を家族にふるまう気持ちがあるなんて・・・と、「夕飯作るのめんどくさい」と常々思っている私はなんだか自分が恥ずかしく思えてきました・・・。

将来、一緒に一泊旅行とか日帰りバス旅行とか行こうねと言われました。私はいつでもOKよ。行けるようになる日を気長に待ってるね~って言いました。星野リゾートとか泊まってみたいなぁ。

先日のお花の教室を始めた友人しかり、今日の友人しかり、私にいい影響を与えてくれました。また会いたいと思う人たちです。そういう人には幸せが集まってくるように思います。

私も『またあやめさんに会いたい』と思われるような魅力的な人間になりたいなー。

日々精進だわ。まずは手抜き夕飯を何とかするところからですわ。