プレ老後生活 夫婦二人暮らしとなりました

これから退職するかたや若い世代の老後に向けての参考になれば嬉しいです

日本生命のグランエイジに入ってみた 入った理由は・・・

去年、夫がひとつ歳をとる直前に年金タイプの保険にはいりました。

この保険、ネットでは けちょんけちょん にけなされているのも見かけますが、私なりに調べてみてはいっとこかー、と。(笑)

グランエイジ・・・長寿生命保険(低解約払戻金型)というやつです。夫が契約したのが59歳になる直前の59歳でした。年金がいただけるのが68歳から。

68歳になるまでに天国に召されてしまったら払い込んだ保険料の大きく下回る額しか戻ってきません。普通の保険だと死んだら遺族にお金が入りますが、こちらはその反対です。そう、長生きするほうがお得な保険。

これ、トンチン性保険とか言われてるらしい。トンチン・・・何じゃらほい?ってかんじですよね。私も契約のとき、初めて聞いたわ。

17世紀イタリア人銀行家のロレンツォ・トンティが考案した保険制度らしいです。こんな古くから保険ってあったのね。

年金受給開始前に亡くなったらほとんど支払われず、そのぶんの保険料が生存のまま満期を迎えた契約者に元本と運用利益が受け取れるようになってるらしい。

サバイバルです。夫、長生きレースに勝つかしら!?

たぶん、あと10年ぐらいは生きるでしょ。と思って契約に踏み切りました。発車オーライ?

ネットには試算が載ってますが、額がさ・・・払い込み保険料1200万とかさ、庶民にはチャレンジャーすぎる金額でしたので、庶民用にうちが契約した額を載せますね。我が家が払い込んだ保険料。一括で振り込みました。

夫58歳のとき。

254万7228円 です。

そして10年寝かせます。

年金の受け取り方法は3種類あるようです。

①68歳から死ぬまでずっと貰う

②68歳から10年確定年金でもらう

③68歳のときに一括でもらう

我が家は②で貰う予定です。

①は年額12万円・・・ということは68歳から22年生きないと元は取れません。90歳か・・・夫、鬼籍に入っていると思われるw

②は約26万6000円を毎年10年間貰えます。約12万のプラス。

③は259万3000円を一括で。10年置いといて5万円かーって思ってしまう。

 

②の場合の試算です

f:id:iristyle:20180711150720j:plain

68歳から77歳までもらえますが、年額26万6000円というのは配当金を含まない額で、もし日本生命の運用がうまくいくと額はもう少しアップします。

あまり期待せず待つことにします。本音は・・・(笑)

この年金保険、やはりいろいろと物議があがりそうなのもわかるような気が。

早く亡くなった人のお金で成り立っている(普通の保険はその反対ですもんね)

亡くなるリスクと向き合いながら10年待つのはちょっと・・・。何がなんでも10年は生きるんだ!という強い生命力は必要ね(^_^;)

年金を受け取り開始中に亡くなったら残りは被保険者である妻の私に引き継がれます。

私がなぜこの保険に入ったのかというと、将来の年金額うんぬんもありますが、なかなかお金を遣えないという私たち夫婦の性格もあります。要は貧乏性なのよね。

250万を一気にはなかなか使えないけど、毎年26万づつ入るなら使いやすい額だし。自分で管理して毎年26万づつ引き出したら済むことなんだけど、それができなさそうで・・・ってこんな理由で入る人おるんかな?

あぁなんという貧乏症なのかしら・・・。

ZOZOTOWNのしゃちょーが言ってたわ。

『お金は使えば使うほど増える』って。自家用ジェットとか要らんけど。

ちなみにこの保険、50歳からしか入れません。年金控除もあります。ちょっとは節税になるかな。

日本生命に電話したらすぐ飛んできてくれると思いまーす(笑)