プレ老後生活 夫婦二人暮らしとなりました

これから退職するかたや若い世代の老後に向けての参考になれば嬉しいです

ものは言いようだと思ったわ。なんでこんなに揉めるのさ!?

物騒なタイトルですみません。実は先日、マンションの管理組合の総会がありまして。私、今回10数年ぶりに役員がまわってきました・・・(悲報)もちろん立候補するようなありがたいお方は現れるはずもなく・・・強制的に順番です。この1年、気が重いわ。もうさ、うちのマンションも高齢化の波がすごくて、今期の役員で私が一番若かった・・・。齢50なのに若手よ若手。ピチピチよ~。で、前期の役員の方が今年の活動報告&承認していったのですが、総会に参加している住民さんも10人いるかいないかで・・・参加者全員高齢者。その他みんな委任状提出みたいな。現代人は忙しい&興味ないのね・・・

で、その高齢者のかたが質問をするのですが、質問の意味がもはや理解するのが難しい。それに対して現役員のかたが応答するけど、応答する役員の方もご高齢・・・(;・∀・) 質疑応答が続いたけど、みんなちょっとイライラしてきて、ほかのちょっと若手の現役員さんが間に入ったら、質問者が

「アナタには聞いていない!」と言い出し

そこから喧嘩の応酬が始まった・・・

おじいさんになったら角がとれて丸くなるなんて嘘やー!

その割って入った若手(といっても40代後半?)役員もすごく上からの塩対応で炎上させてしまい・・・もはや男と男の感情と感情のぶつかり合い。おじいさんはおじいさんで現役のときの地位やステータスがそのままやし。しかしもっと上手く言葉を選んで対応してたらあの質問したおじいさんもあそこまで逆上しなかったと思うわ。

接客業で働いている私にとって不思議でならん。もっと違う言い方があるやん!

男どうしの言い争いって女どうしの言い争いより醜いわ。プライドとプライドの応酬みたいな。聞いてて「アホか、こいつら」ってさめた視線を送り、まったくもう!って心の中でぶつぶつ文句言ってました。

その後、引き継ぎがあってその割って入った若手から私が仕事を引き継いだけど、なんだかなぁ、なんて言いますか、笑顔をみせず(スマイルって0円よね?)常に上から目線な男性なのですわ。ちらっと職場の封筒らしきみたいなものが見えたけど、どうやら「士業」に属するかたのような。

私がもし次のかたに引き継ぐなら「またわからない時があったらいつでも声をかけてくださいね。この1年がんばってください」ぐらいは言うわー。常識ちゃう?

相手をみて言葉を選ぶというのは大事なことだと教えられました。相手によって態度や言葉を変えるのは良くないという言われかたもするけど、それはゴマをすったり、えこひいきであって、後々お互い嫌な思いをしないためには言葉ってすごく大事よ。

一流のホテルマンとか、カスタマーセンターで働く人ってすごいなぁって改めて思います。私は仕事でお客様に接する時とそうじゃない時の言葉のギャップがありすぎるのでふとした時にくだけたほうが出ないように気をつけねば(汗)

相手をとことん追い詰める言い方をして相手にいやーな思いをさせる人っていますが、それって後々自分に返ってくるのよ。ブーメランよ。そういう人って間違いなく運が悪くなってくると思う。

ちょっとこのテの話は自分の職場を見ていて思うところがあるのでまた後日書きたいと思います。

 

 

 


にほんブログ村