プレ老後生活 夫婦二人暮らしとなりました

これから退職するかたや若い世代の老後に向けての参考になれば嬉しいです

コフフンへ遊びに行く コフフンってなーに??

関西の人はすでに知っている人は多いかもしれませんが先日、孫を連れて「コフフン」へ行ってきました。オープンしたとき関西系の番組ではよくニュースで取り上げられていたのでもうみんなご存知かもしれませんね。対象年齢がちょうど孫ぐらいの子どもたちが遊ぶのにピッタリかなと思って行くなら今だ!思い立ったらすぐ行動!車でGO!

コフフンはどこにあるの?

天理駅前すぐの広場にあります。電車なら近鉄、JRいずれもOK。

f:id:iristyle:20180523124812j:plain

施設の形が古墳のかたちになっています。2017年4月のオープンです。天理は古墳が多いのでそれがモチーフになっているんですね。ちなみに天理市には大小あわせて1600もの古墳があるそうです。ちなみにちなみに古墳の単位は「基」です。なので1600基ですね。それにしてもすごい数だなぁ。

コフフンの遊戯施設

f:id:iristyle:20180523125406j:plain
f:id:iristyle:20180523125343j:plain

 

左の建物(大きいです!)の中が右の「ふわふわコフン」です。この白い山はトランポリンでできています。下はサラサラの白砂。風がきついときは大変かも!?孫はここでのトランポリンがすごく楽しかったみたいでなかなか移動せず・・・。ふだんトランポリンなんてなかなか体験できませんもんね・・・。ここに1時間近くいたと思います。年齢は幼稚園から小学校低学年ぐらいの子どもたちが多かったかな。ちなみにこのふわふわコフンは小学6年生までが対象です。

お次は・・・

f:id:iristyle:20180523125454j:plain
f:id:iristyle:20180523125443j:plain

すり鉢コフンです。ここはちょっと難しい。小学生~向けですね。孫は練習して斜面をスイスイ走れるようになりました。私ならぜったいコケてケガしてますわ。ほかにも周りにブランコやすべり台などもありましたよ。

暑くなってきたら屋内の施設もあります。

f:id:iristyle:20180523125243j:plain

ぬり絵や大きなブロック積み木など室内遊具、絵本もたくさん用意されています。人工芝が貼られていてコケてもだいじょうぶ。椅子や机もたくさん用意されており、親も子どもを見守りながらお弁当を食べたりおしゃべりしたりしていました。

おしゃれなカフェレストランも

f:id:iristyle:20180523125334j:plain
f:id:iristyle:20180523125302j:plain

ランチとカフェが楽しめます。バイキング形式のごはんや総菜パンもありました。広々としています。そのほかに米国のスポーツバイクメーカー(TREK)の自転車が売っていたり、地域名産品が売ってるコフフンショップもありました。子ども連れでなくても大人だけでも楽しめますね。

感想

とにかく孫がとっても喜んでくれたのが一番ですね。帰りたくないって駄々をこねられましたが。近くならしょっちゅう来ると思います。駅前にこのような施設があると街が活性化するし若いファミリーにとって魅力的な街に映るのではないかしら?私が住んでいる最寄りの駅もけっこうな広さの空き地がありましたが、あっというまに大手不動産会社がはいりマンションとそこそこお高い住宅分譲地になっちゃった・・・。

今回かかった費用は

駐車場 500円(道を隔てた前の立体駐車場に入れたので特に安かった)+交通費(ガソリン代) 以上。

それでこんなに遊べて孫が喜んでくれるなんて♡子どもって体を動かすの大好きですよね。笑顔がはちきれてました!

最後に一つだけ・・・。おもいのほか、このコフフン、白いんですよ。お天気がよかったせいもあるかもしれないけど最初、目が開けられないくらいまぶしくって!スキーの雪山を想像してください。日傘、帽子、サングラス、日焼け止め(SPF50よ!絶対に50!)必携です!!真夏に来るのは無理やなw

今回のレジャー、

たぶん私の顔のシミ、3個は増えたと思う・・・(泣)

でも行って良かったよ。孫孝行できたし。

 

 

 


にほんブログ村