プレ老後生活 夫婦二人暮らしとなりました

これから退職するかたや若い世代の老後に向けての参考になれば嬉しいです

母親のこと その③

自分の母のことは書きましたが、この歳になって友人たちと話しているとみんなそれぞれ親との関係はいろいろあるんだなぁと感じます。私が聞いているのは母と娘の関係がほとんどですが。多様性ここに極まれりって感じですね。

母親って娘のことを 可愛い、過度な期待感、妬み、羨望、主婦としての先輩面、とかいろんな複雑な思いがあるのでしょうね。

先日、友人三人とお互いの母のことで話してたんだけど、

一人の友人(男性)曰く、

うちは親が離婚して妹とふたり、母に引き取られたけど、あの頃はおんな手一つで子ども二人を育てるとなると 水商売しかなかったんよね。ほとんど家にいなかったよ、夜は妹と二人きりだし。おまけに男にちょっとだらしない母でさぁ、知らないオッサンがよく家にきてた。まぁ時代もあって商売がうまくいったせいかお金には困らなかったみたい。でも自分で思うけどよくグレなかったと思うで。グレてもおかしくない家庭環境やったわ(笑)でも妹はちょっと道に逸れたよなぁ。ごくたまーに母親のもとに顔を出してもお金しかせびりに来ないし・・・。

と語ってました。この友人は大学は海外に行ったし今もすごくキャリアを重ねています。ほんとグレずに頑張ったよね、と。

 

もう一人の友人(女性)は、いま自分の母親の介護真っ最中。

自分の家庭のことは半分目をつむって母上の介護のために週の半分は実家から会社に通勤しているとか。いないときはヘルパーさんやデイサービスに頼み。

週に3泊するのだけど、まぁそれはそれは聞くに堪えないことを母上がおっしゃるとか。ちょっと書くのは難しいけど 過去の恋愛(結婚してからのですよ)をつらつらと娘に聞かせるらしい。それが嘘か真かわからないけど、聞かされる娘となっては正直、辛いやら恥ずかしいやら可笑しいやらで もう複雑すぎるのよ~って言ってました。父が亡くなっているのがまだ幸いだったかしら・・・と。

また母親の介護のやり方をめぐって実の姉とももめているようです。遠くに離れたお姉さんは もっとちゃんと介護してほしいと。妹である私の友人は「もうこれが精いっぱいなのよ~」と。実家に週3回も泊まってそこから出社するってすごいって私は感心してたんですが。もつれにもつれて姉妹間で裁判沙汰一歩手前までいっているそう・・・。

母の存在が姉妹の中をここまでこじらせるとは・・・(゚Д゚;)

おそろしき母親パワーよ。ふぅ。

先ほどの男性の友人も、

「もし僕が女だったら妹のようにグレてたかもしれないなー」

と言ってました。やはり息子と娘では母親にたいしての気持ちの何かが違うような気がします。特に問題アリの母親に対してですよ。この男性の母上は今、骨折で入院中ですが顔を出しているのは息子であるこの友人だけで、妹さんはいっさい来ないとか。っていうかここ数年?妹さんとは音信不通で母親が入院してるのも知らせてない、って言ってました。あらら・・・って私も母と昔は音信不通だったので大きなことは言えませんが。

問題の母を持つ友人3人が語り合ったのですが、こういう悩みをぶちまけることも必要ですよね。こういう深いプライベートなことは掃き出しできず胸にこもりがち。恥ずかしいとか思わず、発散するのもいいですよね。

美味しいケーキをほおばりながら。

f:id:iristyle:20180517155600j:plain 話も弾みますね。

いつまで経っても母に振り回される子どもたち。自分なりのいい着地点を見つけていくしかありません。ほかの家の仲のよい親子をみて羨ましがっているだけでは何も解決せず前にはすすめません。私はようやくうっすらとその着地点が見えてきたところでしょうか。

 

もう私、齢50なんだけど( ノД`)シクシク…