プレ老後生活 夫婦二人暮らしとなりました

これから退職するかたや若い世代の老後に向けての参考になれば嬉しいです

義母の十三回忌 いろんな思いがこみあげてきました

先日、夫の母の十三回忌がありました。少ない親戚ですので気を張らずにほのぼのとした雰囲気で無事に終えることができました。

f:id:iristyle:20180514011743j:plain

持参したアレンジメント。故人が好きだった薄紫をいれてもらました。

11時から始まり1時間半ぐらいで終わりましたが私たちも読経をしたので喉がカラカラ&途中でお腹がグーと鳴って恥ずかしかった・・・。

亡き母はとても上品で儚い感じの人でした。そうですね、肝っ玉母さんとは真逆のような。大正の末年生まれですので青春時代は大変な時代だったと思います。

私が若いころは深く考えたりしませんでしたが、今になって思い返すとほんと優しいお姑さんでした。。若い時は夫のことを「もう!マザコンなんだから!!」って腹が立つこともちょこちょこあって・・・なんだかモヤモヤしたりして・・・(今ならもれなく男はマザコンよね~ハッハッハって余裕で思えるけど)

私も育児でイライラしてたりして余裕がなかったし新婚時代だったのでなんだかお姑さんにヤキモチを焼いていたのよね(そのころは夫に愛情があったんですわw)

 

義母は認知症も始まり最終的には介護施設で最期を迎えましたがもっと生前、優しくしてあげたらよかった、もっといろんなところに連れていってあげたらよかった・・と。なんであの時あんなキツイ言い方しちゃったんだろう。

ごめんなさい、おかあさん・・・と読経をあげながら感傷にひたってしまいました。

ほんと若くて至らない嫁でした・・・。

 

その後、みんなで食事に出かけました。精進料理かと思いきやガッツリ中華のコース料理。お腹がペコペコだったので嬉しかった。

お義姉さんが「今日はみんな集まってくれてありがとうね。わざわざ遠いところから。仕事も休んでもらってごめんなさいね」と。

いえいえ、こちらこそです。お寺さんの手配やの日にちの調整、みんなへの連絡、お昼ご飯の予約、そして全ての費用まで。すべて任せきりで・・・お礼を言うのはこちらです。今日一日がスムーズにみんなが笑顔でいられるのは、陰でうまく事が運ぶように段取りしてくれている人がいるからなのですよね。

ありがとう、お義兄さん、お義姉さん。

いつも私たち夫婦をもてなしてくれるので、とてもいい気分で帰路についています。私はほんとうに嫁ぎ先の親戚には恵まれました。感謝感謝です。

 

帰りにみんなでお茶をしました。ヒロコーヒーさん。

f:id:iristyle:20180510014430j:plain
f:id:iristyle:20180510014500j:plain

旧家でリノベしてコーヒー屋さんかなと思いきや、そういう感じに建てたそうです。

旧家風なのですね。西宮北口店に入りましたが、伊丹いながわ店では2階にオープンカフェがあり伊丹空港の滑走路が見えるとか。飛び立つ飛行機を見ながらコーヒーが飲めるなんて素敵ですね。一度行ってみたいなぁ。

帰りも渋滞に巻き込まれることなく無事に家に着いて、「今日はいい日だったねぇ」なんて言いながら夫と粗茶をすすっていた時、お義兄さんから電話が・・・はて?

 

「えっと・・・お供えの中身、入ってなかったけど?(^^;」

 

ぎゃー!!(゚Д゚;)

 

内封筒にお金入れっぱにしてそのまんまや!!

包むのわすれて外封筒だけお供えしてもーた Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

明日、現金書留で送らせていただきますっ!!

 

さいごにやらかしてしまいました・・・チーン。

親戚でよかったと思うことにする。前向きなワタシ。