プレ老後生活 夫婦二人暮らしとなりました

これから退職するかたや若い世代の老後に向けての参考になれば嬉しいです

すわ・・・地震だ!テーブルの下に入っただけのワタシ。

関西地方は昨日、けっこう大きな地震に見舞われました。ちょうど鏡に向かって変身中だったとき。最初、ユラユラってきて「まぁいつもの感じの軽い地震ね。ふふん」なんてあなどってたらグラッときてすぐにリビングのテーブル下に入りました。そしてやっとスマホのアラートが鳴りました。今回は前もって鳴らなかったのよ。

住んでる地域は震度4でしたが、私の体感的には震度3ぐらいかなぁ。マンションの1階だからそんなに揺れをかんじませんでした。

家族の安否も確認できたし、会社に向かいましたが電車が止まっていたため徒歩で向かいました。いつもは電車+バスですが、昨日は徒歩+バスで。もう行かねばならぬという使命感(笑)社畜なわたし。遅刻もせずえらいワタシ。たかがパートですがね。

息子は大阪の工場で働いてますが、ラインで「建物が古すぎて死ぬかと思った・・・」ぐらい揺れたそうです。

会社に着いたら、みんな出社してたのもビックリ。社畜率高しの会社です。

エレベーターが終日停止してて大変でしたし、あまり仕事も捗らなかったわ。

私は前の阪神談震災も経験しているのに(そのころは西宮に住んでいたのに)喉元過ぎればなんとやら・・・でほんと何の教訓も得ていないかも。まだしばらくは余震に心配する日がしばらく続きそう。

北摂に住んでる友人のとこはガスも水道も止まってるとか。出ないとわかっててもついつい水道のハンドルに手をかけてしまうわ、いつもの癖で・・・と言ってました。わかるわかる。日常の平穏のありがたさよ。

非常時持ち出しチェックリストを友人が教えてくれた。

 

・乾パン・・・この前賞味期限切れて捨てたとこ

・ペットボトル飲料水・・・あまり備蓄なし

・箸・スプーン・フォーク・・・〇

・ライター・・・着火マンならある

・・懐中電灯・・・〇

・ろうそく・・・アロマキャンドルならある

・携帯ラジオ・・・〇

・電池・・・〇

・万能ナイフ・・・ない

・軍手・手袋・・・〇

・ロープ・・・ない

・ヘルメットか防空頭巾・・・ない。作ろうかな?

・救急薬品・常備薬・・・〇

・毛抜き・・・棘抜くため?私の場合は白髪抜きに。

・マスク・・・〇

・タオル・ブランケット・・・〇

・ポリ袋・・・〇

・ガムテープ・・・〇

・油性マジック・・・〇

・現金・通帳・印鑑・・・〇

・保険証・免許証・・・〇

・携帯電話・・・〇

我が家はとりあえず乾パンとペットボトル飲料水がいるとみた。そのほかの物もあるにはあるけどそのへんに散らばっているからなぁ。ある程度ひとまとめにしておいたほうがいいんだろうけど。

実際、大きな地震がきたら何もできないんだろうなぁ。「ぎゃー!」って言ってテーブルの下に逃げ込むぐらいしか。命あったらこの備品が役にたつのでしょうね。

日本に住んでいるなら地震はいつでもどこでも起こるよね。そして地震がおきたらどうなるかってこともわかっているし。なので対策はとれるのよ!するかしないかは自分次第。

うちは幸いなことにまぁまぁ丈夫なマンション住まいなので、あとは家の中の家具の配置を危険がないようにするってことですね。本棚とか危険だわ。あとの片付けも大変だし。最近は本も図書館で借りてばかりなのでほとんど買ってないけどね。

とりあえず・・・

乾パン買ってきまーす。

美味しい乾パンってないのかな・・・口の水分、ぜんぶ持ってかれるー!


にほんブログ村